本気で脱毛するならケノン

脇脱毛のケノン正規販売店「公式ショップ」

ケノンのハンドピースは、人間工学に基づいて作られており、手にフィットしやすく作られています。長時間使っても、疲れにくくなっています。しかもケノンは重さが120g程度しか無くケノン正規販売店 HOME


ケノン 12大機能 使い方 アンダーヘア カートリッジ 美顔機能 男性にも人気 購入に必要 ご注文はこちら

ハンディタイプとの違い★脱毛,ホクロ,使い方,シミ

ケノンと、ハンディタイプの脱毛との違いを説明しています。ハンディタイプのデメリットが改善された、新しいタイプがケノン

ケノンとの比較

ケノンは、本体と、ハンドピース(プローブ)が分かれています。脱毛するときに持つのは、プローブの部分だけなので、とにかく軽く、疲れにくくなりました。このハンドピースの重さは、わずか120g程度です。

一方、ハンディタイプの脱毛は、手に持つ部分に、本体やバッテリーや操作ボタンなど、さまざまな物を取り付ける必要がありますので、どうしても重く、大きく、持ちにくくなってしまいます。 これを、ムダ毛処理をしている間、ずっと持っていなければいけません。これはお手入れが大変になること必至です。

 

ケノンの持ちやすさ

ケノンのハンドピースは、人間工学に基づいて作られており、手にフィットしやすく作られています。長時間使っても、疲れにくくなっています。

ハンディタイプは、ハンマー型、鎌型の物が多いですね。ヘッドの部分に重さが偏るので、しっかりと握っていなければ落としてしまいます。持ちにくく実際の重さ以上に重く感じられることでしょう。これを持って脱毛処理を続けるには、かなりの握力が必要です。以前、当店でハンディタイプの脱毛を購入されたお客様からも、「ハンディタイプは重くて使ってられない。」という苦情を多く頂きました。

 

ケノン

カートリッジの部分は熱を発しますが、この熱はケノンの本体までは伝わりません。そのためケノンは故障しにくいのです。さらに、ケノンはカートリッジ交換式の脱毛なので、カートリッジの部分が故障しても、簡単に交換できます。

一体型は、熱のダメージがそのまま本体にダメージを与えてしまいます。お客様からは「壊れやすい」とのお声を頂いております。当店グループは、一体型の脱毛の下取りも行っていますが、一体型の脱毛の故障率は非常に高くなっています。


しかもケノンは日本製です。ケノンは品質重視で作られていますので、日本で製造されています。安心のMade in Japan です。今まで取り扱ってきた脱毛よりも故障が少なく、お客様の満足度も高い脱毛です。

 

業務用の脱毛も、ハンディタイプではありません。
ケノンは、本体とハンドピースが別々のパーツになっている、業務用に近いタイプの脱毛です。

 

ケノンが使い易い理由。バッテリーを気にせず使える!

ハンディタイプの脱毛は壊れやすい?←お客様から頂いたお言葉です。バッテリーを搭載している機器は、充電池が古くなると使えなくなってしまうことが多いですね。ケータイ電話の電池も1年くらいで消耗してしまいます。充電池が自分で交換できる機器なら問題無いのですが、バッテリーが消耗したらメーカーへ修理を依頼しなければいけない脱毛だったら、けっこう大きな出費になってしまいます。

また、ハンディタイプで充電式の家庭用脱毛の場合、「使っている最中にバッテリーが切れる。」という悲劇もおきます。 せっかくムダ毛処理できる時間ができたのに、脱毛の充電してなかったり、脱毛のバッテリー切れで中断 なんてことがあったら、なかなかムダ毛処理が進みません

 

ケノンなら安心です。ケノンにはバッテリーは無く、コンセントから直接電源を供給できます。充電する必要も、充電池の消耗を気にする必要もありません。つまり、ケノンは快適に、いつでもムダ毛処理を続けることができるのです。



▼ ケノン 関連記事

脱毛ケノンについて

会社情報



Address
オペラシティタワー 〒163-1413
東京都新宿区西新宿3-20-2
東京オペラシティタワー13F
電話番号:03-5365-1001 / FAX:03-5365-1005
特定商取引に基づく表示
会社概要
取り扱い商品一覧
サイトマップ

Copyright (C) 2014 脱毛したい人のケノン All Rights Reserved.

このページの先頭へ